ハムソーセージ美味しい食べ方  

ゆでたてのソーセージに粒マスタード、お気に入りのビール・ワインにザワークラフト、じゃがいも料理を添えて、デザートにはバームクーヘン!!本場ドイツの家庭料理を目の前に、気の合う友人と料理のうんちく話に花を咲かせる・・・なんてのも時には良いですね。しかし、ハムソーセージの食べ方は十人十色、気取らず自由に召し上がるのが一番です。ここで私ども勧めの食べ方をいくつかご紹介いたしますが、まあ参考程度にご覧下さい。



◆ハム

良質のハムはそのままスライスし、オードブルやサラダの付け合わせ等、その風味をそのまま味わって頂くのが一番と思います。
お好みの野菜や食材などを巻いて思い思いに食べるのも楽しくて良いと思います。
ハム類は酸味のある果物と相性が大変良いものです。
生ハムを薄くスライスしメロンやキウイ等を添えると一層美味しく頂くことが出来ます(定番ですね)。
ロースハムやボンレスハムを厚切りにして炭火やフライパンなどでさっと焼き、ブドウやパイナップルを添えるとそれだけで立派なメインディッシュとなります。
時には生肉と同様にいろんなお料理の素材としてもお使いいただけます。
シチューやポトフにお肉代わりに使うのも良いかも??

◆ウインナー・フランクフルト   ゆで方・焼き方

やはりそのままボイル、もしくは焼いて食べるのが一番でしょう。
天気の良い日にキャンプ場やお庭でバーベキューなど最高ですね。
また、キャベツや季節の野菜といっしょに煮込むと美味しいスープが出来ますし、おでんや煮込み料理などにも意外と合うものです。
もちろん炒め物にもよく合い、野菜炒めやチャーハンに入れても美味しいです。
グラタンやドリア等チーズやホワイトソースのお料理に入れてもgood。
まさに万能選手といったところです。
冷蔵庫にはいつもウインナーは欠かせないというお宅も多いのではないでしょうか?
(我が家はそうですが・・)

◆ボロニアソーセージ 

本場イタリアでは牛腸を使用するのですが、日本では人工ケーシングを使う事が多いようです、当社のボロニアも人工ケーシングを使用しています。
このケーシングは食べられませんのでご注意下さい。
ボロニアソーセージはそのままスライスして食べても、厚切りにしてグリルするのも美味しいです。
少し厚めにスライスし、レタスを挟みサンドイッチ等にもお使い下さい。

◆ベーコン

ベーコンはスモークによる独特の香りと脂肪のうま味が特徴です。
脂肪部分の味の善し悪しは原料となる豚の飼料によって大きく左右されます。
質の良い豚肉を使った物を選びましょう。
脂肪分が多いと気にする方がおられますが、豚肉にはビタミンB1が豊富で、血液中のコレステロール値を下げる働きを持つ不飽和脂肪酸も多く含んでいます。
あまり神経質にならず適量を美味しく頂きましょう。
ベーコンは煮物や炒め物などに使うと、香りといっしょに良いダシが出て料理の味を一層引き立てます。(煮物に使うときには厚切りに、炒め物の場合は薄くスライスしてお使い下さい。)
ベーコンをかりかりに焼き、肉、野菜、魚などお好みの物に巻いて召し上がるとまた違った風味を楽しめます。
さらにベーコンを焼いたときに出てきた油も適度の塩味と良い香りを持っていますので、炒め物等にお使って見てください、いい味になりますよ。

◆スモークチキン

骨付き足のスモークは手でこまかく裂き、野菜サラダに入れお好みのドレッシングで召し上がってみてください。
しかし私個人的には、レンジやオーブン等でちょっと暖めてから、手掴みで”がぶり”というのが王道と思っています。(もちろん片手にはビール)
胸肉のスモークはそのままスライスしてオードブルやポテトサラダの付け合わせがよろしいかと思います。

 
 
日付 : 2010/05/31 照会 : 1944
 
次 : お客様の声[2]